大きな土地を売却する時は

大きな土地を売却する時は

特に地目が田の場合が多いのですが、セットバックと水路にご用心です。まずは、セットバックからです。その開発する土地が、公用道路に面してますと該当する場合があるお話です。土地の開発によって、隣接している公用道路が狭い狭い場合は、必要な広さになるまで、その該当する土地を道路の権利者(市や都道府県)に供与(寄付)しなくてはならないのです。これが、かなりの広さと金額になる場合があります。この分の負担を、売買したうちのどちらが負担するのか、とり決めておかなくてはなりません。

次に、見た目にはわかりませんが、水路などの地目が設定されている場合です。長く使用しているうちに、水路が消失していることもあります。ですが、登記簿を確認すると、水路になっていたなんてことがあります。まず、水路の地権者(各自治体であることが多いです)に相談にいき、廃止できるかの協議が必要になります。それが、完了したらようやく、各行政区分の区長などから同意をもらわなくてはいけません。それから、用途を廃止し地目変更になるのです。ですが、この用途廃止した用地は、各自治体などから、払い下げを受けなくてはなりません。要は購入しなくてならないということですね。これは、誰が購入するのかということも、きちんと取り決めしなくてはなりません。その部分だけ、元々の隣接している地主さんが購入し、後からトラブルになるなんてことも聞いたことがありますので、本当に要注意です。田んぼの売買には、本当に注意して、トラブルに巻き込まれないようにしたいものです。